FXの投資戦略について。

FXでは、買いポジションからだけでなく売りポジションからも入ることができるということで、戦略的にも利益を上げやすい状態であることは一目瞭然です。
しかもやり方によっては両建て(買いと売りのポジションを同時に持つこと)をすることもできますので、さらにトレーダーにとっては都合のよい投資ができるのではないでしょうか。

売りポジションで利益を上げる方法としては、
・高値の時に売りで入る
・下げの波にうまく乗って買い戻しを行う
というものになります。
これは短期的には大きな利益を出しやすいため、多くのトレーダーが実践しているのだそう。

FX経験がある方は、もしかしたらこのような疑問が芽生えるかも知れません。
「売りでポジションを立てるとスワップ金利を支払わなければならないではないか」
ただし、下げの波にうまく乗ることができれば短期で買い戻すことができます。
そのため、売りによる利益のほうがスワップポイントよりも大きくなるので、問題ありません。

ただし、注意したいポイントもあります。
為替相場を細かくご覧になっている方ならばお分かりだと思うのですが、売りポジションを保有していても、レートが上がっていくのはかなりのスローペースです。
そのため、予想が外れてレートが上昇しても損切りのタイミングはそれほど神経質になることはないでしょう。

一方で、レートが下落する際、これが急激なケースが非常に多いのです。
ですので、買いポジションをもって取引をしている方は、その時点でロスカットの設定をしておく必要があります。
相場は1日2日であっという間に、それもかなりの下落をするもの。
数日ぶりにのぞいてみたら、買いポジションが大きく値を下げていた、というリスクが発生する可能性がとても高くなるのです。

つまり、短期間で利益を上げる方法としては、買いポジションよりも売りポジションを保有しているほうが良く、さらにリスクヘッジにもなると言えるでしょう。

買いヘッジと売りヘッジとは。

FXを含むCFD取引において、リスクヘッジの方法として
・買いヘッジ
・売りヘッジ
という方法があります。
具体的にご説明しますので、投資初心者の方やこれからFXについて学ぼうと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

まず、ヘッジという言葉について。
ヘッジというのは「hedge」で”垣”という意味があります。
あまりイメージがわかないかもしれませんが、相場の変動で生じる決済時の損失を予防するために、先物で売買しておくことです。

先物取引の場合、将来の値段を予想して取引を行っていくという手法であることはご存知の方も多いことでしょう。
その際、商品の価格が今後値上がりするだろうと予想した場合は、現時点の価格で買い建て(新規に買うこと)をします。
その理由としては、将来高い価格で購入するリスクを回避するためです。
これを、買いヘッジと言います。

買いヘッジにより、実際に商品を購入する時点で値上がりしていたとしても、受渡の時には買い建ての価格で購入することが可能です。
賞品が値上がりするリスクを回避することができました。

その逆で、将来、値下がりするだろうと予想する商品に関しては売り建てを行って下落時のリスクを回避することを、売りヘッジと言います。
値下がりしてしまっても売り建て時の価格で売ることができるので、損をしません。

ここで気になるのが、「予想に反した値動きになってしまった場合」について。
たとえば買いヘッジのためにあらかじめ買い建てをしたものの、価格が下がってしまった場合。
売りヘッジのために売り建てをしたのに、価格が上がってしまったというケース。
このときには利益が出ないだけでなく、損失が発生するということがありますので注意してください。
あくまでも「将来の値段を予想」したうえで取引を行って言うということになります。

FXでは上記の例の「商品」を「為替」に置き換えて考えてみるとよいでしょう。
非常に複雑な取引方法となりますが、リスクを抑えた投資手法ですのでぜひ活用してみてください。

FXでインカムゲインを狙おう。

FXには、キャピタルゲインとインカムゲインという2種類の儲け方があります。

今特に大きく注目をされているのが、インカムゲインです。
まず、FXは為替売買益とスワップポイントの利益の狙い方があることはご存知の方も多いでしょう。
為替売買益はその名のとおり二国間の通貨を売買することで利益を上げていく方法。
スワップポイントは二国間の金利の差を利用して利益を上げる方法になります。
インカムゲインは、スワップポイントでの儲け方です。

スワップポイントは日本が超低金利国だからこそ狙える利益の上げ方で、高金利通貨に投資をするだけでOK。
しかもスワップポイントは毎日得られる利益となりますので、特に手を加える必要もありません。
そもそもインカムゲインは、不労所得と言えるでしょう。
一例として、
・銀行預金や郵便貯金の利子
・株式投資の配当金
・不動産投資の家賃収入
・投資信託の分配金
などがあり、「放っておいても入ってくるお金」というイメージになります。

通常の投資なら相場の上がり下がりを見ながら売買のタイミングを予想し、利益を上げていくものですよね。
FXにはそれだけではない、「何もせずとも入ってくる利益」があるということを、ぜひ覚えておきましょう。
実際に多くのFXトレーダーはスワップポイントを利用して利益を多くあげている方がたくさんいらっしゃいます。
特に高金利通貨は世界中にたくさんありますので、今がまさにねらい目と言えるかもしれません。

実際にFXを始めてみたいという方は、まずはFX業者で口座開設をする必要があります。
さまざまな業者があり、それぞれに特徴があるので比較しながら選んでください。
選ぶ際のポイントとしては、
・スプレッド(取引手数料)が安い
・スマホにも対応している
・少額投資が可能
・24時間サポート体制
といったことが初心者向けではないでしょうか。
さらに、個人的にはデモトレード(仮想通貨を用いて無料でFX取引体験ができるシステム)ができる業者もおすすめです。

FXでレンジ相場が多い理由。

”FXにレンジ相場が多い”ということは、さまざまなウェブサイトや投資家のブログに記載されています。
レンジ相場というのは、別名ボックス相場とも呼ばれ、相場上で売り買いが拮抗しており、一定の値幅内で上下を繰り返している相場のことです。
レンジ相場が長期になればなるほどレンジブレイク(レンジ相場の上限もしくは下限を突破し、相場が一気に一方方向の動きになること)が急激になります。

では、なぜFXはレンジ相場になりやすいのでしょうか。
実は短期的に見て、相場の7割がレンジ相場になると言われているそうです。

●為替市場の仕組み
為替市場は、世界中のトレーダーが参加している巨大かつフリーな市場であり、それが要因となります。
たとえば国内の株式投資では、資金を大量に持っている投資家が大量の買い発注をすると、自動的に値が吊り上がるでしょう。
このように、資金力の豊富さで人為的にトレンドを発生させることが可能なためです。

一方でFXはこのようなことはできません。
為替の取引においては、世界中のインターバンク市場(銀行間市場)にて行われています。
しかし、FXトレーダーが利益を上げるために行う投資手法であるスワップポイント取引以外にも実需取引があるのです。
実需取引とは、
・国境をまたぐ貿易の決済に必要な外貨の両替
・旅行客向けの両替
などがあり、投資目的以外でも行われるため、このような実需取引が為替市場の活性化にもつながっている、という考えになります。

FXがレンジ相場になりやすいということはなんとなく抑えておくぐらいでも良いかと思われます。
やはり取引を通じて情報を得ていくことが重要ですので、最低限の知識以外はトレードを行いながらつかんでいきましょう。
ある程度利益と損失を繰り返していくと、自然と理解できているものですよ。

ただし、FX初心者は大きな儲けを目指しがちですので、年間利益は年率10%ぐらいの気持ちで、長期継続を心がけてみてください。

FXについて学べるサイトです。

外国為替証拠金取引は、通称FXという言葉でトレーダーの間で親しまれています。
その人気はまさにうなぎのぼりといった様子で、今では株式投資に次いで第二位の人気を誇っているのだとか。
なぜそれほどまでにトレーダーに選ばれているのか、少し調べてみました。

FXは、キャピタルゲインとインカムゲインの2種類の利益の上げ方があるようです。
●キャピタルゲイン
為替の売買によって得られる利益のことで、購入価格から売却価格の差による収益となります。
●インカムゲイン
FXの場合、二国間の金利差による利益のことで、スワップポイントと呼ばれています。

以上の2種類の利益があり、特にスワップポイントに関しては日本が超低金利国なので高金利通貨の売買をするだけで利益が得られるということが高い人気の理由だそう。
しかもスワップポイントは毎日受け取ることができるので、まさに「放っておいても得られる利益」だと言えるのではないでしょうか。

このような非常に魅力的な投資商品であるFX。
株式投資のように個別銘柄を見定めたりといった手間もかかりませんので、初心者でも利益が上げやすい投資だと言われています。
もしこれからFXを始めてみたいという方がいらっしゃったら、ぜひおすすめしたいサイトがあるのでご紹介しましょう。

それは、『FX会議.com』という、FXに関する基礎知識がたくさん記載されている初心者向けのサイトです。
さまざまなFXに関するウェブサイトはありますが、どれも投資未経験者向けというよりはある程度投資経験がある方に向けて発信されている内容が多いと思いませんか?
こちらのサイトはまずはFXについて知ることができるコラムを中心に集約してくれていますので、読み終えるとFXがどのようなものなのかということが理解できます。

個人的にはトレンド相場とレンジ相場、チャート分析方法という、実践に用いることができる情報がとても分かりやすいと思いました。
外国為替について詳しく知る際は、ぜひこちらにアクセスしてみてください。